• ホーム
  • 飲酒は精力を減退させる?

飲酒は精力を減退させる?

2020年05月24日
葉の上にあるカプセル

精力増強に取り組んでいる人はまず日常生活から見直すこととなりますが、その日常生活の見直しの中で避けては通れない存在となるのが節酒です。
これは過度の飲酒が精力増強を妨げ、精力を減退させるからだとされていますが、普段から晩酌などを楽しんでいる人にとっては非常に苦しいこととなります。
その中では「そもそも本当に飲酒は精力を減退させるのか」という疑問を持つことも少なくありませんが、実はお酒を飲むということがそのまま精力の減退に繋がるわけではありません。
適量であれば精神が興奮状態に変化しやすくなり、興奮状態の身体では勃起が引き起こされやすくもなります。
またこれから性行為を行う女性と一緒に飲酒をしていたのであれば、女性とのムードも良くなりますから、それだけ満足感のある性行為につなげていくことが可能です。

では飲酒をしても問題はないのではないかと思われることもありますが、これはあくまでも適量の場合に限った話です。
お酒に含まれるアルコールには五感を鈍らせる作用があり、そして男性は五感への刺激によって脳が興奮状態になります。
過度のアルコールによって五感が鈍ってしまうと、本来であれば興奮状態に陥るような状態であっても上手くその情報を脳が処理できず、結果として勃起が出来ないという状況を作ってしまうのです。
そのため過度の飲酒という点において言えば、精力増強の妨げになると考える必要があるのです。
詰まるところ飲酒は必ずしも精力を減退させるわけではありませんが、過度の飲酒が良い影響をもたらすことはないというのが真実です。
慢性的に泥酔状態になるような飲み方を続けていると、生活習慣病などが引き起こされることもありますから、精力増強を考えている間は過度の飲酒を避け、適量を楽しむように心がけましょう。